先日、福岡県教育会館にて、福岡県暴力追放運動推進センター主催の「不当要求防止責任者講習」で講師を務めました。
 不当要求防止責任者というのは、企業や行政において、暴力団等の反社会的勢力による不当要求に係る内部体制の整備や被害対応業務等に当たる責任者のことです。
 全国の暴力追放運動推進センターが、企業及び行政内部において、この不当要求防止責任者を選任することを奨励し、そのための講習を開催しています。
 講習では、主に暴力団等の反社会的勢力による不当要求が発生した場合に、どのように対応すればいいのかという点について、実際の裁判例を素材にしてお話させていただきました。また、そのような場合に、弁護士としてはどんなことができるのかという観点についてもお話させていただきました。