サッカー日本代表のアジアカップには、非常に楽しませてもらいました。決勝の敗因については、3バックで来た相手に対して、どのように守るかがあまり整理されていなかったことが大きかったと思いました。そのため、カタールのボール回しに効果的にプレスをかけられず、失点に繋がってしまったと思います。ボールを回させておいて自陣に守備ブロックを敷き、おびき寄せてカウンターという戦法もありますが、そのような戦法は採らず、どっちつかずの守備になってしまった印象があります。2失点した後に守備のやり方を変えてからは、日本ペースになっていましたが、時すでに遅しという感じでした。
 優勝したカタールについては、個々の能力も素晴らしいと思いましたが、やはり育成年代から長い間一緒にやっているだけあって戦術の完成度も素晴らしいと思いました。