払ってもらえない残業代はありませんか?

  • 残業代を払ってもらっていない。
  • 残業代が支払われているかよく分からない
  • これって残業代の支払いなの?
  • 残業代はいつまで遡って取り戻せるの?

福岡太陽法律事務所では労働問題のご相談に対応しております。
 労働時間が1日に8時間、もしくは週に40時間を超える場合、雇用者は1.25倍の割増賃金を支払う義務が法律で定められています。

 しかしながら、従業員に長時間の残業をさせているにもかかわらず、これに対する割増賃金(残業代)をきちんと支払ってない会社が多いことはよく知られています。

 もっとも、会社から、「残業代は基本給の中に含まれている」とか、「○○手当は残業代として支払っている」というように説明され、そんなものなのかと納得している方は多いのではないでしょうか。

 実は、このように曖昧な給与体系になっている会社の場合は、残業代が未払いになっている可能性が非常に高いといえます。また、仮に上記のような規定によって残業代の支払いと認められるとしても、残業時間が支払い済みの部分を超過する場合は、その差額を請求することができます。

 残業代は2年で時効にかかるため、最大で2年分しか請求できません。

 自分も未払い残業代を請求できるのではないかと思われる方は、弁護士にぜひご相談下さい。

残業代に関するご相談事例

  • 未払いの残業代を請求したい。
  • 残業が増えた途端、管理職にされて残業代が支払われなくなった。
  • 退職金が規程通り支払われなかった。

上記のほか、残業代請求、不当解雇など、労働問題全般のご相談を承っております。また、タイムカードの無い方の残業代回収に成功するなど、困難な状況での事例もございます。お一人で悩まずまずはお気軽にご相談ください。